タグ別アーカイブ: feature

2016年、オフィスも移転し、新しい年がやってまいりました


明けましておめでとうございます。
申年の新年がやってまいりました。

聞くところによると、申年というのは波乱の年になるとのこと。
具体的に何があったのだろうと思って調べてみると・・・・・・

2004年には、
・自衛隊イラク派遣
・鳥インフルエンザ、BSE騒動
・東京メトロ誕生、成田空港民営化
・アテネ五輪
・ロシアでチェチェン紛争
・ダイエーが産業再生機構に支援要請
・新潟県中越地震
・プロ野球騒動。楽天誕生
・スマトラ島沖地震(M9.0)

1992年には、
・アルベールビル五輪、バルセロナ五輪
・尾崎豊、伊丹十三、長谷川町子、松本清張死去
・明石家さんま・大竹しのぶ離婚
・自衛隊PKOでカンボジア派遣
・東京佐川急便事件

まだ記憶に新しい2004年は今につながる大事件がかなりあった印象ですが、1992年はそれほどでも(ただし、今も語り継がれる大物が相次いでこの年に亡くなっているのは興味深い)・・・・・・。

丙申(ひのえさる)の年はさらに波乱の年という話もあるので、こちらも調べてみました。

60年前の1956年には、
・スーダン、モロッコ、チュニジア独立
・ハンガリー動乱
・第二次中東戦争
・日本が国連に加盟
・IBMが世界初のHDD発売(5MB)

120年前の1896年には、
・第1回夏季オリンピックがアテネで開催
・ヘンリー・フォードが四輪自動車の試作に成功
・明治三陸大津波
・第2次伊藤内閣総辞職、第2次松方内閣成立

さらに、180年前の1836年には、
・テキサスがメキシコからの独立を宣言し、テキサス共和国になる
・パリで凱旋門竣工
・アンデルセン「人魚姫」発表

色々大きな事件は起きているものの、60年に一度の波乱というほどではないようです。

とにもかくにも、今年が皆さんにとって幸せな年になりますことをお祈りしております。

さて、2016年の初頭にあたり、報告があります。
このたび、本年年初よりこれまでの拠点(代々木オフィス)を引き払い、新たに東日本橋の地で営業を開始することになりました。

新オフィスの住所は以下です。

〒103-0004
東京都中央区東日本橋2-4-1 アドバンテージIビル6階 サヴァリ株式会社内

ひょんな出会いが芋づる式につながる中で、ECコンサルティングを手がける、勢いのある会社「サヴァリ株式会社」さんに同居させていただくことになりました。ECサイト運営に困っている方、いらっしゃいましたらサヴァリさんにおつなぎすることもできますので、お気兼ねなくご相談くださいませ。

以下の4駅の徒歩圏内にあり、非常に便利な場所です。
・都営浅草線 東日本橋駅
・都営新宿線 馬喰横山駅
・JR総武線快速 馬喰町駅
・JR.総武線各駅 浅草橋駅
お近くにお越しの際は、ぜひお声がけください。

さて、申年の2016年はどのような年になるでしょうか。
マンディとしましては、東日本橋への移転を機に心機一転、よりいっそう皆様のお役にたてるように励んでいきたいと思っております。

弊社創業の地・秋葉原も目と鼻の先です。
会社設立から15年がたつ本年、設立時の初心に立ち返り、
・ひとつひとつの仕事をていねいにこなし
・お客様の問題解決をしっかりと行い
・そして、アジアとのつながりをよりいっそう深めていく
こんな年にしていきたいと思っております。初心に返ることで、次の飛躍につなげてまいります。

本年もよろしくお願いいたします。

2015年、あけましておめでとうございます


遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
Webサイトをオープンしたものの、ついつい更新が遅れてしまいました。今年は気付いたことを書き留めておこうと思っております。

さて、これまでマンディは「つなげていくこと」を得意分野として仕事をしてきました。それは、現場のニーズを聞く中で最適な解を提案することでもありました。また、制作の過程で誤解が生じがちなクリエイターとエンジニアとの間に入って、お互いの言葉を翻訳しながらプロジェクトをまとめあげていくことでもありました。そして、一昨年末から新たに加わってきたのが、アジアとのつながり。中国をはじめとして、台湾、タイ等とつながり、受発注やコラボレーションなどの形ができあがりつつあります。

2015年、本年の株式会社マンディのテーマは「アジアとのつながりの深化」としていきます。せっかくできたこのつながりを、さらに広く、深くしてまいります。笑われるかもしれませんが、今年の最終目標はマンディの海外支店を作ること。具体的にどんな仕事があるかではなく、どんなことにワクワクするかという視点だけで考えて決めました。

突拍子もない海外支店計画。うまくいくかどうか。
中国でのオフショア開発も、元をただせば私(福田)の妻が中国人だから中国と何か仕事ができないかという視点で開始しただけです。具体的な仕事など何もなかったけれども、とりあえずやれる体制だけを作ったわけです。そしたら、それに合った仕事が来るようになって、オフショア開発がまわるようになってきた。この経験から学んだのは、原因を作れば結果が出るのだという当たり前のことでした。ですので、これからは色々な「原因」を作ることを積極的にやっていきたいと思っています。
2015年が楽しみです。

本年もよろしくお願いいたします。